読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

手汗がひどいときの止め方や対策についてまとめてみた

f:id:tebukuronosenkusha:20170508084039j:plain

手からじっとりと出てくる「手汗」に悩まされる方も多いと思います。特に、人と握手しなきゃならないときや、彼女とデートするときなんかは、自分の手汗が気になってしまい、「何とかして手汗が出ないようにしたい」と本気で願う人もいるんじゃないでしょうか?・・・実は、私自身、手からとめどなく出てくる手汗に悩まされている人間の一人です。

というわけで、今回はそんな手汗の止め方や対策に関して、私自身が実践している方法をみなさんにシェアしていこうと思います!!

手汗の原因は・・・?

そもそも、なぜ特に気温などが高くなくても手汗をかいてしまうのでしょうか? 手汗の一つの大きな原因は精神的なものだと言われています。そのため、緊張した場合や、手汗を意識した場合に汗腺が刺激されて汗が出てしまうわけです。

私自身、中高生のナーバスだった頃は、毎日のように手汗に悩まされていました。学校のプリントがぐっしょり濡れてしまったり、ノートが手汗のせいで破けてしまったり・・・本当に大変でした。

手汗は止められない!?

そんな精神的な原因によって引き起こされる手汗は、止めることが難しいとされています。

「努力逆転の法則」というものがあります。これは、人間が「〇〇しよう!」という意志を強く持つことが、自分の望んでいない結果を引き起こすという、なんとも皮肉な人間の性質を表しています。人間というものは、意志の力によって(なんとか努力して)「✕✕したくない!!」という妄想を抑えつけることによって、意識をそちらに向かわせることになり結果的にしたくないことや、望まぬ結果を引き起こしてしまうんです。(みなさんも、緊張しないように意識するほど体がこわばってしまったり、愛想よくしようとすればするほど笑顔がぎこちなくなってしまったりした経験はあると思います)

f:id:tebukuronosenkusha:20170508092048j:plain

手汗に関しても同じようなものだと私は思います。つまり、「手汗をかきたくない!」「手汗を止めたい!」という気持ちが逆に、手汗をかきやすくしてしまうんです。(実際、そういったシチュエーションで手汗に悩まされる人も多いんじゃないでしょうか?) では、私たちは手汗に関して何も対策することができないんでしょうか?・・・いいえ、ある程度は手汗の症状を和らげるための方法があります。ここでは、私なりの手汗対策法をご紹介します♪

私なりの対策法

〇アルコールを使う

アルコールの消毒液を噴きかけたり、ウェットティッシュなどで手を拭いたりすると、一時的に手汗の症状は改善します。(「アルコールは揮発性が高く、手の水分を飛ばしてくれる」ために一時的に汗が止まるのでしょうね)

f:id:tebukuronosenkusha:20170508090531j:plain

私自身、手汗が酷いときはよくアルコールの消毒液を使っていました。即効性が高いので、「今すぐ止めたい!!」という人にはかなりおすすめです。(ただ、あくまで一時的な対処法でしかありません)

〇石鹸で手を洗う

手汗が酷かった頃は、手を石鹸で洗って、乾燥させることで手がびちょびちょの状態になるのを防ぐことができました。石鹸を使って、しっかりと洗うのがポイントです。手もスッキリするし、清潔な状態に保ちたい人にはピッタリの方法でしょう。(ただ、個人的には手を何度も洗うのは面倒ですし、アルコールを使ったケアの方が効果があったと実感しています)

f:id:tebukuronosenkusha:20170508093025j:plain

〇気にしない

最終的には、「気にしない」のが手汗の症状を自然に改善する一番の方法だと思います。前述のとおり、手汗に悩まされる人はそもそも、「手汗」を意識しているからドンドン手から汗が出てしまうのです。したがって、精神的に落ち着いて、手汗自体を意識からなくすことが根本的な解決法といえるでしょう。

・・・昔は私も手から滝のように汗が出ていましたが、今では手汗に悩まされることはなくなりました。(それでも、他の人と比べると手は湿っぽいのも事実です(笑))気休めかもしれませんが、気にしなくなると「手汗? どうでもよくね?」という軽いノリで過ごせるようになります。・・・手汗を抑える工夫をしながら、だんだんと意識を他のことに向けるようにできるといいですね♪

まとめ

いかがでしたか? 今、この記事を書いている私自身、手はちょっと湿っています(笑)・・・ですが、私は「出るなら出ろ!」というスタンスなので、別に手が湿っていようが何だろうが気にしていません。やはり、気にしないのが一番ですよ♪ ・・・今回の記事が、手汗を気にせず毎日の生活を快適に送れるためのヒントになれば幸いです。 では、最後までお読みいただきありがとうございました。