ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

「スマホ老眼」の症状とは? 改善法や治し方をチェック!

f:id:tebukuronosenkusha:20170327180702j:plain

「スマホ老眼」という言葉を皆さんはご存知でしょうか?

「老眼」は加齢から起こるものですが、「スマホ老眼」とは若年層、特に20~30代に多い病気です。名前の通り、スマホが原因で起こる病気です。

今回は、そんなスマホ老眼の症状や改善方法についてまとめていきます。

スマホ老眼の症状

10代でもなってしまう可能性のある「スマホ老眼」。・・・具体的にどのような症状が起こるのか触れてみましょう。

眼精疲労ケア協会が挙げている代表的な症状は以下の通りです。

①スマホを見ていて、遠くを見ると遠くがぼやける

②遠くは見えるが、近くの文字が見にくい

③焦点が合いにくい

④うす暗いと見にくい

⑤目の疲れ、頭痛、肩こりを感じる

・・・皆さんはいくつ該当しましたか?

1つでも当てはまっていれば、スマホ老眼の疑いがあるんですよ。・・・ちなみに私は1つ当てはまり、同じような症状が出て5年ほど前に眼科を受診した事があります。

診断結果はドライアイで、目薬を処方されました。涙の出る量が少ない事から、瞬きの回数が多くなっていると言われました。何故ドライアイになったのかは分かりませんが、ちょうどその頃にガラケーからスマホに変えており、それが原因かなと思っています。

 

ガラケーに対してスマホは画素数が細かく、画面がクリアです。画面の大きさはガラケーの倍くらいあるのに、文字を拡大しない限り非常に小さい文字を至近距離で読む事になります。また、目に良くないとされているブルーライトも出ています。パソコンはある程度至近距離を保って操作をする人が多いですが、それでも眼精疲労や頭痛は起こります。スマホを操作する時に距離が近い人がいるので、目には結構負担がかかっています。また、夜寝る時に横になってスマホを操作する人もいると思いますが、止めるだけでもスマホ老眼の予防になります。何故なら、暗い中でスマホを壁に向けるとすごく明るいですよね。そんあ眩しい光が直接目に来ているのだから、当然、目にも大きな負担になっているわけです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170327182050j:plain

そして、自宅で簡単に自分がスマホ老眼か調べる方法があります。

まず、両手を前に伸ばして親指を立てます。その時に目は動かさず、正面を見たまま両手を左右に開きます。その時に親指が見えている範囲が現在の視野です。この方法によると、正面を0度とした時に、若者だと普通真横(90度)~斜め後ろ(100度)まで見えるものが、スマホ老眼だと視野が狭まってそこまで見えないらしいです。私もやってみましたが、真横までは見えませんでした(泣)

スマホ老眼の治し方

スマホ老眼を改善するには、以下のような手法が挙げられます。

①画面を長時間連続して見ない

②ブルーライトから目を守るために、ブルーライトカット眼鏡を使用し、保護フィルムをスマホ画面に貼る

③タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させて血行不良になるので、喫煙者はタバコを止める

④目の周りに温かいタオルを乗せて温めて、血行促進を促す。

f:id:tebukuronosenkusha:20170304154255j:plain

⑤サプリメント「クロセチン」を摂取する。(クロセチンは網膜を守ってくれる効果がある。)

⑥「アントシアニン」を摂取する。(アントシアニンは眼精疲労を抑制する効果がある。)

⑦「DHA」を摂取する。(DHAには肩こり解消や視力回復の効果がある。)

⑧「アスタキサンチン」を摂取する。(アスタキサンチンは老眼予防の効果がある。)

⑨ビタミンB群を含む、肉や魚を摂取する。それにより、眼精疲労回復効果がある。

・・・などなど、自ら改善出来る方法がたくさんあります。

まとめ

以上の内容を振り返り、自分で出来るスマホ老眼対策はたくさんある事が分かりました。私は眼鏡をかける事が多いですが、やはり眼鏡やコンタクトは面倒です。

裸眼で過ごせるのは幸せなことです。加齢から来る老眼は防ぎようのないものですが、スマホ老眼に関しては防ぐ事が出来ます。改善も出来ます。快適な毎日を送るために、今一度自分の生活を見直してみてはいかがでしょうか?

 

さて、スマホやパソコンの使用時間が長いことで「飛蚊症」に悩まされる若者も多くいます。クリアな視界を保って生活したい方は、ぜひ「飛蚊症」についてもチェックしてみてください♪

●おすすめ記事

飛蚊症の治し方とルテインを含む食べ物ランキング - ヲタクは平穏に暮らしたい

では、最後までお読みいただきありがとうございました。