読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

スロージョギングは室内でも効果あり? やり方を徹底解説!

f:id:tebukuronosenkusha:20170228091719j:plain

みなさんは普段、どれくらい運動していますか?

休みの日に遠くに出かけたり、ちょっと歩いたりした翌日に筋肉痛などに襲われたら、不安に駆られる方も多いんじゃないでしょうか?

そんな時、運動不足解消のためにジョギングしようと一念発起したり、スポーツの道具を買ってみたりするものの、いつの間にかまた元の生活に戻っていた・・・なんて経験がある人もいるかもしれませんね(笑)

僕自身、「運動しなきゃ!」と思い、毎朝のジョギングを習慣づけようとしても、なかなか朝起きれずに断熱してしまったり、忙しさにかまけてサボったりしたことが何度かあります。

そこでおすすめなのが、室内でも手軽にできる「スロージョギング」です。これは、時間がない人でも、家の中で始めることができる運動です。

今回は、誰でも手軽に室内でも始められるスロージョギングの効果や、正しいやり方を徹底解説していきます。

スロージョギングとは?

スロージョギングは、その名の通り「ゆっくりとジョギング」する運動です。

スポーツ選手やランナーがやっているような、普通のジョギングに比べるとかなりゆっくりのペースで足を動かし、チョコチョコ進んでいくものです。 一見、ダラダラとジョギングしているようにも見えますが、これは実際にカロリーを消費する立派な運動の一つです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170305154108j:plain

驚くべきことに、スロージョギングは普通のウォーキングの約2倍のカロリーを消費するそうです。つまり、効率的にかつ簡単に運動するのには最適の方法なのです!

これは絶対に知っておきたいですよね? 

では、そんなスロージョギングにはどのような効果があるのでしょうか?

スロージョギングの効果

スロージョギングには以下のような効果があるとされています。

・ダイエット効果

スロージョギングは、手軽にカロリーを消費することができる運動の一つです。カロリーを消費して、体内の余分な脂肪を燃焼し、そぎ落とすことでダイエット効果が期待されます。

特に、普段はデスクワークをされているような方は、運動不足でついつい脂肪を体にためこみやすくなってしまいます。 そうなると、夏は暑苦しくなったり、満員電車でも脇汗びっしょりの人間になってしまいます・・・(笑)

お腹の出っ張りが気になってきた人や、量るたびに体重が増えていってしまっている人なんかはぜひともこの手軽なダイエットに挑戦していただきたいものです!

・足腰を強化する

そして、スロージョギングには「足腰を強化する」効果があります。スロージョギングはただゆっくりとジョギングをしているように見えて、実は身体を鍛え上げるためのトレーニングとしても絶大な効果を発揮してくれるのです。

具体的には、運動不足になり気味の人や、加齢により身体が思うように動かなくなってしまっている人なんかにはおすすめです。 人間の身体は、動かさないとどんどん退化していき、しだいにその機能を失っていきます。 しかし、きちんと働かせることで、機能が維持されたり、強化されたりしていきます。

f:id:tebukuronosenkusha:20170320094127j:plain

老人の方は特に、身体を動かさないと本当に動けなくなっていってしまいます。

そのため、全く動けなくなる前に、少しでも運動する習慣を身に着けて、足腰を強化しておくことをおすすめします。

・生活習慣病予防

「ダイエットやら足腰の強化やら、俺には関係ない!」・・・な~んて思ってしまう方もいるかもしれません。 しかし、これらは単に外見を整えたり、身体を鍛えたりするだけのものではありません。 しっかりと毎日運動することは、糖尿病などの生活習慣病の予防にもつながるのです。つまり、運動することは健康的で快適な生活をしていく上ではなくてはならないものなのです。

 

スロージョギングは、その他の運動と比べると、運動習慣がない人でも始めやすく、その他の運動に比べるとハードルがかなり低いのも魅力の一つです。 

さらに、スロージョギングは、「走った距離」よりも「運動した時間」が重要ですので、室内でも行うことが可能です。つまり、どんな人でも「やらない理由はない」と言っても過言ではないでしょう。

さて、では実際にスロージョギングを室内で行っていくやり方を見てみましょう。

室内でのやり方

ある程度広いスペースさえあれば、今からでも室内でスロージョギングを始めることができます。スペースがない部屋では、足踏みをするだけでも構いません。

スロージョギングの手順としては、

①背筋を伸ばして、ジョギングの姿勢を保つ

②そのまま、ゆっくりと足を上下させていく

③1日10分程度を2~3セットを目安に行う

といった感じになります。

最初はペースをつかむのは難しいとは思いますが、「ちょっと遅いかな?」と感じる程度のリズムで足を小刻みに動かしていきましょう。

★ポイント

大切なポイントは、「つま先から着地する」ことです。運動習慣がない人がジョギングを始めると「筋肉痛」に悩まされますが、これは「かかとから着地」して脚に負担をかけてしまうからなんです。 ですから、スロージョギングを続けるためには、負担をかけずに楽な走り方(つま先から着地する走り方)を意識してください。

f:id:tebukuronosenkusha:20170228093220j:plain

また、無理なく続けるというのも重要です。ペースを乱さずに一定のリズムで10分程度行ってください。もちろん、部屋でひたすらスロージョギングを続けるのは味気ないですので、テレビ番組を見たり、好きな音楽を聴いたりしながら行ってもよいでしょうが、それによりペースを乱すことのないようにしましょう(笑)

 

・・・といった感じでこれを1日に2~3セット程度繰り返すのがおすすめです。

始めは1日1セットでも構いませんので、なるべく「毎日続ける」ようにすれば、適切な運動習慣が身につくはずです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は誰でも手軽に始めることができる、室内でのスロージョギングに関して解説しました。 テレビを見ながらでも、音楽を聴きながらでも、好きなように室内で運動ができるスロージョギング

f:id:tebukuronosenkusha:20170320094714j:plain

道具やシューズを揃える必要もなく、コストもかかりません。それでいて、ダイエット効果や生活習慣病予防が期待できる運動なのです!

運動不足気味の方は、ぜひ挑戦してみてください。