ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

プロセスチーズは危険? ”乳化剤”の健康への影響とは?

f:id:tebukuronosenkusha:20170504093318j:plain

 

チーズはカルシウムが豊富に含まれている食品としても有名で、成長期の子どもには食べさせたい食品のうちのひとつでもあります。そんなチーズですが、実は2種類に分類されることをご存知でしたか?・・・あなたが普段から買っているチーズに含まれる「成分」は、必ずしも体にいい影響を与えてくれるとは限りません。

というわけで、今回は私たちが購入する「チーズ」の種類や成分について詳しく見ていきましょう。

チーズの種類

チーズには様々な種類の物がありますが、大きく分けると「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2種類に分けることができます。この2種類のチーズには大きな違いがあるのですが、具体的にこの2つはどう違うのでしょうか?

【チーズの原材料】

ナチュラルチーズの原材料は牛乳やヤギのミルクで、そこに凝固剤を混ぜ合わせて発酵と熟成をさせて作り上げていきます。その一方で、プロセスチーズの原材料は、数種類のナチュラルチーズを使用し、そこに「乳化剤」と呼ばれる食品添加物を加えて作り上げていきます。・・・2種類のチーズの原材料を見てもわかるように、ナチュラルチーズは基本的には生乳と食塩のみで作られるのに対し、プロセスチーズには食品添加物を使っています。健康面を考えれば、食品添加物を使っていないナチュラルチーズの方が良いことは一目瞭然ですよね? 

【チーズの保存性】

f:id:tebukuronosenkusha:20170308144400j:plain

一般的なスーパーなどで取り扱われているプロセスチーズは、高温で殺菌処理を行っていますので、もちろんカビ等が生える心配もなく、長期間に渡って保存ができます。しかし、ナチュラルチーズは乳酸菌が生きた状態のままですのでもちろんカビも生えやすく長期保存には向きませんが、日々、発酵と熟成が進んでいきますので、今日と明日とでは違った味が楽しめます。また、乳酸菌が生きたままの状態ですので、腸内環境の改善にも効果がありますし、食べる時々で味が変わってくるので、チーズ好きにはたまらない部分もありますよね。・・・ただ、一般的にスーパーなどで安売りされていることが多いのはプロセスチーズなんです。やっぱり、多くの消費者が気になるのは「価格」であり、成分や健康被害に関して大して考えずに購入する人がほとんどなのが現状です。

・・・では具体的に、プロセスチーズに用いられる「乳化剤」などの食品添加物は、私たちの身体にどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

プロセスチーズの危険性

ナチュラルチーズには食品添加物は使われていませんが、プロセスチーズには食品添加物が使われています。近年は食の安全性を求める人も多くなり、実はこの「食品添加物」についても様々な問題が浮上していますよね。

【プロセスチーズが出来るまで】

まずはナチュラルチーズ数種類を細かく砕いて加熱して殺菌します。そこに乳化剤と呼ばれる食品添加物を加えてしっかりと混ぜ合わせ、固めればプロセスチーズの完成です。

【乳化剤の危険性】

乳化剤とはそもそも水と油のように、普通ではなかなか混ざらない2つの物を混ぜ合わせる時に使われる食品添加物の事を指します。実はこの乳化剤、1種類の食品添加物を指しているわけではないんですね。乳化させるために数種類の添加物を使ったとしても、それらをひとまとめにして「乳化剤」との表示になるわけです。(例えば、一言で「絵の具」といっても、そこには赤の絵の具が使われていたり、青の絵の具が使われていたりする・・・という感じです)

f:id:tebukuronosenkusha:20170504095448j:plain

・・・となれば必然的にどんな添加物が使われているのか、消費者側が把握できないのが当たり前だと言えるのです。実はこういった成分表示の「曖昧さ」が食の危険性を我々消費者から隠すことがよくあります。

例えば、シャンプーには「界面活性剤」が使われていますよね? この界面活性剤は、人体に影響を与える物としてその危険性が騒がれたこともあります。シャンプーなら「界面活性剤」との表示になりますが、実はこれが食品になると「乳化剤」との表記に変わるそうです。簡単に言えば表記名(呼び名)が変わるだけで、実際には使われている物は同じ化学物質だったりするんです!!

【プロセスチーズの乳化剤】

プロセスチーズのみに着目してみると、実はプロセスチーズには主に「リン酸塩」と呼ばれる食品添加物が使われています。このリン酸塩、実は骨粗しょう症の原因になるとも言われており、身体がカルシウムを吸収するのを阻害してしまうそうです。

本来のチーズはカルシウムが豊富な事で知られており、カルシウム摂取を期待して子どもたちに食べさせることが多いのですが、プロセスチーズの場合は逆効果になるというわけです。プロセスチーズを食べても、実際には摂取したカルシウムは吸収されることはないと言ってもいいでしょう。その他にも、リン酸塩が及ぼす有害作用には、腎臓機能の低下や副甲状腺機能が高ぶるなども報告されています。

また、セルロースと呼ばれる食品添加物を使っているプロセスチーズも多々あります。食品添加物としてのセルロースは「微小繊維状セルロース」の事を指します。簡単に言えばパルプや綿から作られる添加物の事です。セルロースと同じような食品添加物の「デキストリン」も、プロセスチーズにはよく含まれているのですが、こちらも簡単に言えば繊維の一種なんですね。

このように、「乳化剤」とだけ表記がされていても、実際にはたくさんの添加物が使われていることは、実はごくごく当たり前のことなんです。

【プロセスチーズは安価】

f:id:tebukuronosenkusha:20170504100143j:plain

日本のスーパーで販売されているチーズのほとんどが、プロセスチーズだと考えても良いほど、日本ではプロセスチーズが主流となっています。その背景には、やはりプロセスチーズの方がナチュラルチーズより安価で手に入りやすいところにあります。プロセスチーズは製造段階で乳酸菌や微生物などのあらゆる菌を死滅させ、安定した品質と味を供給することができ、さらには長期保存が出来るために安価なんです。

・・・あなたはそれでもプロセスチーズを選びますか?

まとめ

いかがでしたか? 今までカルシウム摂取のためにせっせと食べていたプロセスチーズが、実は逆効果な上に病気を誘発する可能性まであったんですね。少しお値段は高めにはなりますが、家族の健康を守るためにもプロセスチーズよりナチュラルチーズを選ぶ方が良さそうですね。

「ナチュラルチーズ」と、「プロセスチーズ」の見分け方に悩んだ時には、ぜひ成分表示欄を見てみて下さい。そこには必ずプロセスチーズかナチュラルチーズか記載されていますよ。(もっと簡単な見分け方をするならば、その価格を基準にしてみて下さい。プロセスチーズは安価なチーズで、ナチュラルチーズは比較的高価なチーズであることが多いです)

最後になりましたが、プロセスチーズだけに限らず「乳化剤」との表記がある物には十分注意するように心がけ、出来ることなら「乳化剤」を使っていない物を選ぶことを心がけましょう。

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。