読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

オイルプリングのやり方は? 効果や好転反応が気になる!

f:id:tebukuronosenkusha:20170302081901j:plain

最近、有名モデルやセレブたちが実践していると話題の「オイルプリング」。

これは、水ではなく”オイル”を使ってうがいをするという、一見変わった美容法です。やはり有名人が実践していることって真似したくなりますよね(笑)

●モデルやセレブに人気の「エプソムソルト」の入浴法もチェック!⇒⇒エプソムソルトの効果とは? 副作用や口コミも気になる!!

オイルプリング、いったいどんな美容効果があるのでしょうか?また、具体的なやり方、手順も気になります。

ということで、今回はオイルプリングに関する情報をまとめていきます。

オイルプリングのやり方

必要なもの・・・オイル、ティッシュやキッチンペーパー 

オイルプリングでは、ココナッツオイルやごま油など、”植物性油”を使用しましょう。オイルプリングの手順は以下の通りです。

①まず、水を飲む

オイルプリングでは、十分に唾液が分泌された状態で行う必要があります。始める前にはきちんと水分補給を行ってからやるように心掛けて下さい。また、飲食の直後にやる場合は、きちんと歯磨きやうがいをしてからオイルプリングを行って下さい。

②大さじ一杯程度のオイルを口に含む

さあ、準備ができたら実際にオイルプリングを行っていきます。

f:id:tebukuronosenkusha:20170303103216j:plain

用意したオイルを大さじ一杯程度口に含みます。オイルを口の中に入れたときはちょっと気持ち悪いかもしれませんが、しばらくすると口になじんでくると思います。

③クチュクチュと10~20分うがいをする

そして、オイルを口に含んだら口の中でブクブクとうがいをしていきましょう。オイルが口全体にいきわたることを意識して行うと効果的です。マウスウォッシュのような感覚で10~20分うがいをします。 

・・・といっても、なかなか10分もうがいをするのは辛いと思います。慣れないうちは5分くらい続けて行うことを目標にしてやるといいでしょう。そして、徐々に10分間オイルプリングができるようにしていけば大丈夫です。

④ティッシュやキッチンペーパーにオイルを吐く

オイルプリングが完了したら、口の中のオイルを吐き出します。でも、洗面台や流しに吐き出してしまうと、環境にも悪いですし、オイルが固まって排水管が詰まってしまう原因にもなります。絶対に流しには捨てずにきちんとペーパーに吐き出して処理しましょう。(ちなみに、うがいをした後のオイルですが、いくら天然由来のものだとしても、飲み込むのは体に良くありませんので、絶対にやめてください!!)

➄水で口を洗い流す

f:id:tebukuronosenkusha:20170228060220j:plain

そして最後は、自分の口の中を水で洗い流してオイルプリング終了です。オイルで口の中全体を洗浄したため、スッキリした気分が味わえると思います。

●オイルプリングはいつやるの?

さて、そんなオイルプリングですが、いつ・どんなタイミングで行えばよいのでしょうか? 個人的におすすめなのは「朝、起床後すぐ」です。・・・どんなにキレイにしていても、口の中は寝ているときや、乾燥しているときに菌が繁殖してしまいがちです。

そこで、朝起きたタイミングでオイルプリングを行うことで、口の中の細菌をきれいさっぱり洗い流すことが可能です。朝食前にスッキリしておきたい方には非常におすすめです。

また、その他の時間帯でも効果はあります。昼食の前や、寝る前にブクブクとオイルプリングを行っても良いでしょう。ただ、オイルプリングに慣れないうちは、気分が悪くなることもあるため、食後に行うのはあまりお勧めできません。

ご自身に合ったオイルプリングを行ってくださいね♪

 

さて、ここまで色々とオイルプリングについて紹介してきました。しかし、オイルプリングを一言で言ってしまえば、ただオイルを口に含んでブクブクするだけですよね?長くブクブクしているとはいえ、そんな簡単なことでも本当に効果があるのでしょうか?

・・・具体的にオイルプリングで得られる効果について見ていきましょう。

効果

・口臭予防

私たちの口の中には、目に見えないけれどもたくさんの細菌が存在していると言われています。それらを放置していると虫歯になったり、歯周病になったりする原因となります。 オイルプリングでは、オイルを口に入れて数十分うがいをします。その際、口の中には唾液がたくさん分泌されます。したがって、普段のうがいでは除去しきれなかった歯の汚れや、口の中の細菌を洗い流してくれるそうです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170310142206j:plain

そのため、入念にオイルプリングを行うことで歯がきれいになったり、口臭予防につながったりすると言われています。

・小顔効果

5分もオイルプリングを行っていると、口の周りが痛くなったり、疲れてきたリすると思います。しかし、これは別に悪いことではありません。これは、ブクブクとうがいをすることで、顔の表情筋が鍛えられている証拠なのです。顔の筋肉が鍛えられることで、たるみがなくなってハリが良くなり、小顔効果が期待されているのです。

・脳の活性化

 また、ブクブクとうがいをして口が刺激を受けたり、唾液が分泌されたりすることで、脳が活性化するとも言われています。口の中をうがいするだけで、ボーっとしていた頭もシャキッと冴えるようになるのは、このためでしょうね♪

他にも、オイルプリングによってデトックスや病気の予防など、色々な効果があるとされています。(後述しますが、一部ではオイルプリングの効果に関して懐疑的な人もいます)

ただ、実践する前に注意しておかなければならない点があるのも事実です。というのも必ずしもオイルプリングで良い効果が現れるだけではないからです

オイルプリングによって身体に現れる反応について詳しく見ていきましょう。

好転反応

実はオイルプリングを行ったことにより、一時的に体調が優れなくなってしまうこともあるとか・・・。  それが「好転反応」です。

f:id:tebukuronosenkusha:20170302093559j:plain

この言葉は、そもそもが東洋医学で用いられており、体の悪いところや患部が治療によって”一時的に”出てくる身体の反応を言います。(もちろん、長期的には快方に向かっており、「好転」しているのに間違いはないのですが、一時的に「悪く」なってしまうこともあるそうです)

実は、オイルプリングにもそういった「好転反応」のようなものがあるそうです。

オイルプリングによる好転反応の例

オイルプリングを実践した人の中には、

「頭痛に悩まされた」

「吐き気がした」

「肌が荒れた」

という報告をされている方がいます。

もちろん、そういった反応は一時的なものなので、その後良くなっていく傾向にあるそうですが、いきなりそんなことが起きてしまうとビックリですよね。

効果には疑問の声も…

また、オイルプリングには疑問の声もあがっています。

というのも、オイルプリングの「デトックス効果」や「口臭予防」、「歯のホワイトニング効果」に関しては、医学的に証明されていないのです。特に、口臭予防や歯のホワイトニング効果は、市販のうがい薬の方が効くとも言われています。

f:id:tebukuronosenkusha:20170302100811j:plain

「セレブやモデルが実践している」というだけで、本当にそれが美容効果があるのかどうか、議論の余地があるとのことです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は話題となっているオイルプリングに関する情報をまとめてみました。

効果については疑問の声もあるのですが、実際にやってみて効果を体感した人、好転反応が出たのちに、いいことがあったという方もいらっしゃるようです。

個人的には、やってみる価値はあると思いますが、実践する場合は、きちんとしたやり方で、自己責任でお願いします。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。