ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

寝ていてピクッ!? ジャーキングの治し方と対策とは?

f:id:tebukuronosenkusha:20170724063102j:plain

授業中、机で寝ていたらピクッ!!

・・・学生時代、こんな経験をしたことがある方は多いかもしれませんね(笑) 私も、学校の固い机の上で突っ伏して寝ていて、いきなり体を「ビクンッ!!」と動かしてしまったことがあります。

一般的に「寝ピク」と呼ばれる、無意識に訪れる体の痙攣。この「寝ピク」の正式名称は「ジャーキング」というんですが、これってどうにかならないんでしょうか? ジャーキングを防ぐためにどのようなことができるんでしょうか?

今回は、そんなジャーキングへの対処法・治し方に関して具体的にまとめていきます。では、早速見ていきましょう!

ジャーキングの原因

そもそも、ジャーキングはなぜ起こるのか?

実は、はっきりとした原因というものは明らかにされておらず、ジャーキングに関sにては色々な「仮説」が唱えられています。その中でも特に有力な説だとして言われているのが「脳からの誤った指令」が原因のものです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170724075151j:plain

「覚醒状態から眠りに入るとき」というのは脳が不安定な状態で、起きていた体から力が抜けて、筋肉が緩んだことに対し、脳が誤った判断を下し、筋肉を緊張させようと指令を出してしまうことにより、ジャーキングが起こるそうです。

さて、ではそんなジャーキングが起こってしまうのを防ぐにはどうすればいいのでしょうか? ここでは、普段からできるジャーキング対策についてまとめていきます。

ジャーキングの対策

1.疲れたまま寝ない

「疲れを癒すために寝る」・・・これは間違った考えではありませんが、疲労をため過ぎたまま眠りに入ると、ジャーキングが起こりやすいそうです。

では、具体的にどんなことをすればいいのか? 

まずは、「ちゃんとお風呂に入る」こと!!夏だからと言って、シャワーだけですまして、疲れたまま布団に入っていませんか?  寝る前にしっかりと入浴することで、身体的な疲労や、筋肉の凝りをほぐすことができるんです。 また、その時間がないときは軽くストレッチや体操をして、体をほぐしたりリラックスさせたりするのも有効な手段だと言えます。

f:id:tebukuronosenkusha:20170403123830j:plain

「あ~疲れた」の状態で布団に入ると、ジャーキングで余計に疲れてしまいますよ。まずは「疲れをとってから寝る」のがジャーキングを治すために重要なんです。

2.睡眠環境の改善

ジャーキングが起こりやすい2つ目の理由として「睡眠環境の悪さ」が挙げられます。みなさんは「寝やすい環境」で寝ていますか? ・・・特に、「学校の机の上に突っ伏して寝る」というのは学生時代によく見かけた光景ですが、これってかなりジャーキングが起こりやすい環境なんですよね。

f:id:tebukuronosenkusha:20170724075843j:plain

固い机の上に、背中を丸めながら、部活や勉強で疲れた体を横たえる・・・もはや「ジャーキングを起こさせてください!」と言わんばかりの酷い睡眠環境ですね。したがって、寝るときはきちんと布団を敷いて、ゆったりと身体を・・・って、授業中に布団で寝ちゃダメですね(笑)

まあ、要するに体をしっかりと休めたいのであれば、

・やわらかい布団

・寝やすい体勢

・リラックス効果した状態

で寝る必要があるということです。ですから、「環境の悪いところで眠らざるを得ない」状況を作らないこと!! 

3.きちんとした生活リズム

最後は「きちんとした生活リズムを確立すること」です。睡眠や食事のリズムが崩れると、ダイレクトに体に反応が現れます。みなさんは、いつも同じ時間に寝ていますか? ちゃんとしたものを食べていますか?

f:id:tebukuronosenkusha:20170409130200j:plain

これらのリズムを整え、疲労をためこまないことでジャーキングを防ぐことが可能です。特に、ビタミンを多く含む食べ物を積極的に摂ることは、疲労回復にもつながるのでおすすめですよ!

まとめ

・・・ってわけで今回は、寝ているときに体がピクッと痙攣する「ジャーキング」に関する情報をまとめてみました。気持ちよく寝ているときに、急に体が動くとビックリしますし、あまり気持ちのいいものではありませんよね?

f:id:tebukuronosenkusha:20170724074742j:plain

実際、夜中に何度もジャーキングを経験してなかなか寝付けない・・・なんて悩みを抱えてしまう方もいらっしゃるようですから、結構深刻な問題なんですよね・・・。

★関連記事⇒⇒中途覚醒の治し方は? おすすめの5つの改善方法を紹介

やはり、普段からの「疲労をためない」という心掛けが、ジャーキングを未然に防ぐための1番の有効な対策になるんじゃないでしょうか? ぜひ、参考にしてみてください♪

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。