読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

クチャラーの治し方と正しい注意の方法とは?

f:id:tebukuronosenkusha:20170326074254j:plain

「クチャクチャ・・・」

食べるときに、わざわざ大きな音を立てる人っていますよね?・・・いわゆる「クチャラー」という人たちです。実はこういったクチャラーによって、ストレスをためこんでしまったり、神経をすり減らしてしまったりする人は多いようです。(これ、冗談ではありませんよ!!)

もしかすると、これを読んでいるみなさんはそういったクチャラーの被害に遭ったり、悩まされたことがあるかもしれませんね。 私自身、家族にクチャラーの人がいて、ずっとその人の下品なクチャクチャ音に悩まされてきました。 

というわけで、今回は食べるときにクチャクチャ音を立てる、迷惑なクチャラーについて改善方法に関してまとめていきます。

クチャラーの特徴

食事中にクチャクチャ音を立てるクチャラーには、以下のような特徴があります。

 ・自覚症状がない

クチャラーが一番面倒くさいのは、「(クチャラーである)自覚がない」ことです。日本人ならほとんどの人が「食事中に音を立てるのは下品」だということを知っているはずです。 しかし、それを知っていながら自分でクチャクチャ音を立てる人は、間違いなくクチャラーである自覚がありません。

f:id:tebukuronosenkusha:20170228200400j:plain

そのため、周りの人から注意されない限り、ずっとクチャクチャ音を立てて食べることになりますし、周りに迷惑をかけ続けていくのです。

では、そういったクチャラーは、どういった人に多いのでしょうか? 次に、クチャラーに共通するいくつかの特徴を見ていきましょう。

・口呼吸する

クチャラーには「口呼吸する」という特徴があります。 鼻呼吸できないため、口で呼吸するのがクセになっており、食べるときも口で呼吸しようとするためにクチャクチャ音を立てるようになるのです。

例えば、寝ているときにイビキをかいてしまう人などは、口呼吸をしているため、食べているときも音を立ててしまいがちです。

・大雑把な性格

f:id:tebukuronosenkusha:20170326082840j:plain

また、いわゆる「オヤジ」みたいな性格の人がこういったクチャラーに当てはまるみたいです。デリカシーがなかったり、いい加減な性格だったりする人が人前で平気でクチャクチャ音を立てるみたいです。 そもそも、場の空気が読める人だったり、自分の言動に気を遣う人は、いずれ自分のクチャクチャ音が周りに迷惑をかけていることに気づき、反省して改めようとするはずです。

では、そんな傍若無人なクチャラーの被害に遭ってしまった場合、どんな対処をすればよいのでしょうか? 

治し方と注意の方法

クチャラーの人に、音を立てずに食べてもらう方法はたった一つしかありません。それは、「直接注意する」ことです。例えば、目の前で友達がクチャクチャ音を立て始めたのなら、「クチャクチャ音を立てないで!」と直球で指摘しましょう。

前述の通り、クチャラーの多くは図太い神経をしているため、始めは自分がクチャラーだと指摘されたことに驚くとは思いますが、深く傷ついたり、そのことで神経質になったりするほどヤワなメンタルの持ち主ではありません。それどころか、注意されたことを忘れて、また同じ間違いを繰り返すことさえあります!

 

・・・ 私の場合、母親がクチャクチャ音を立てて食べる人間だったので、いつも一緒に食事を摂るのが憂鬱でした。 ある晩、我慢しきれなくなり「食べるときクチャクチャ音立ててるね」と指摘したところ、母は大変驚いた様子で、「全然気が付かなかった! 今度から気をつけるね(泣)」と言いました。

翌朝、食卓にはクチャクチャ音を立ててパンを頬張る母がいました。

 ・・・こんな感じでクチャラーの人は自覚がないどころか、罪悪感も抱きにくい性格であるため、再発することは多くあります。 

言葉で伝えることが大事

f:id:tebukuronosenkusha:20170301121236j:plain

クチャラーの被害に遭っている人は、我慢するのではなく直接伝えることが大切です。

マナーが悪い人に指摘して、改善してもらうことが、早期解決に必要です。また、何度も繰り返す人には何度も注意したり、場合によっては物理的な距離を置いたりすることで、きちんと自覚させ、自らで治させるように協力してあげるべきだと思います。

マナーが悪いのはクチャラーの方なんですから、それによってストレスをためこんだり、悩まされたりするなんておかしな話ですからね!!

まとめ 

 ということで、今回はクチャラーの治し方と正しい注意の仕方についてまとめてみました。やっぱり、「気になったことはすぐ口にする」という態度が大切だと思います。例え、それが昨日言ったことと同じ事であろうと。

f:id:tebukuronosenkusha:20170303094931j:plain

やっぱり食事の時のマナー、しっかり守ってもらいたいものです。 マナーが悪い人に悩まされるのではなく、”きちんと自覚させてあげる”のが問題解決の一番の近道なんだと思います。