ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

簡単&手軽! ホット梅干しの作り方と食べるタイミング

f:id:tebukuronosenkusha:20170712054002j:plain

 健康にとても良いと噂の「ホット梅干し」は某テレビ番組や雑誌などでもピックアップされており、注目を集めています。

1週間で約2キロも減量できたという芸能人もいるほどの威力です。そこで今回は、ホット梅干しの作り方と、ホット梅干を食べるタイミング、期待できる効果などを紹介していきます。

ホット梅干しの作り方

使用する梅干しはスーパーで売っているものでOKです。ホット梅干しを作るにあたって、一番簡単なのは電子レンジを使うことです。ラップをかけて30秒から1分程度加熱するだけでホット梅干しができます。

※加熱のしすぎは、発火のおそれがあるので目を放さず様子を見ながら温めてください。

また、梅干しには製造過程によって多くの塩分が含まれています。普段の食事だけで充分に塩分は摂取している場合が多いので、ホット梅干しを食べるのであれば塩分カットしたものをおすすめします。・・・スーパーなどでも減塩されたものは販売されていますが、自宅でも簡単に塩抜きができます。

「塩抜き」は、下ごしらえにもなるので、ホット梅干し用だけではなく普段食べる人にもおすすめです。塩抜きの方法を見てみましょう♪

[梅干しの塩抜き方法]

材料

・水1L(早く塩を抜きたい場合はぬるま湯)

・塩ひとつまみ

 

梅干しが浸かるくらいの高さの容器、タッパーなどに塩と水を入れます。塩は沈殿しやすいので、気づいたときで良いのでかき混ぜて下さい。12時間程度浸し、同じ要領で更に12時間置いておきましょう。そうすれば塩抜きの完了です♪ 

さらに、ホット梅干しの場合は塩分5%~10%ほどのものを使うとより効果的です。(ただ、塩分濃度が低い梅干しは痛みやすいので、1週間以内に食べてください)

ホット梅干しを食べるタイミング

f:id:tebukuronosenkusha:20170712054433j:plain

ホット梅干しを食べるタイミングは、食事前か食事中がベストです。毎食1粒(1日計3粒)食べることによって血糖値の急上昇を抑え、バニリンとムメフラールによって脂肪燃焼・代謝アップに期待できます。

 (梅干しにはバニリンという成分が入っていて、バニリンは肥満予防や脂肪燃焼に効果的で、加熱することによって1.2倍程度増えるんです!!また、バニリンと同じくダイエットに効果的な”ムメフラール”という成分は血流を良くしてくれるのでむくみ改善や代謝アップに繋がります)

 

また、普通の梅干しも、風邪を引いてしまったときや、身体が疲れているときに食べると健康的とされています。便秘改善にも効果があるといわれており、身近な食材なのにとても万能なんですよね~!!

f:id:tebukuronosenkusha:20170712054759j:plain

さて、ここで注意したいのが、(作り方でも触れましたが)塩分。梅干し自体に塩分が多く含まれているので、塩分カットの梅干しを購入するか塩抜きをすることをおすすめします。

塩抜き自体は放置しておくだけなので、小まめに作っておけば毎日きちんと食べることができます。・・・何度も言いますが、塩抜き後は痛むのが早いので、必ず冷蔵庫で保存してくださいね。

まとめ

・30秒から1分程度電子レンジで加熱する

・食前か食事中に1粒、1日計3粒食べる

・塩抜きをしてより健康的なホット梅干しに

 

今回は、比較的安価で購入出来る梅干しを加熱するだけの簡単ダイエット方法を紹介しました。ホット梅干しは手軽ですし、ご飯のお供にもなってくれます。

食事前か食事中に、1日1~3粒までを目安に食べてください。3粒以上食べて早く痩せたい!という気持ちは分かりますが、何事もやり方・目安を守ることが大切です。塩分過多に気を付けて、おいしくダイエットしてくださいね♪

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。