読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

苦しくない鼻呼吸のやり方とは? メリットだらけの鼻呼吸のススメ

f:id:tebukuronosenkusha:20170329155449j:plain

みなさんは普段、「鼻呼吸」していますか? 「呼吸法」なんて、普段あまり気にすることがないかもしれませんが、実は健康的に生活していく上でかなり重要なカギとなっているのです!

 鼻呼吸をすることによって色々な「いいこと」があるのですが、逆に口呼吸だと身体にとってデメリットしかないそうです・・・。 鼻呼吸と口呼吸で、いったいどんな違いがあるのでしょうか?

というわけで、今回は鼻呼吸のススメということで、鼻呼吸に関する色々な情報をまとめていきます。

鼻呼吸のメリットは?

鼻呼吸をすることには、たくさんのメリットがあります。これを見たら、口呼吸の人は絶対に鼻呼吸にしたくなるはずです!!

1.風邪・花粉症予防

f:id:tebukuronosenkusha:20170305165049j:plain

鼻呼吸は、鼻から空気を吸い込みますよね? 実はそれによって風邪やインフルエンザ、花粉症予防になるそうです! 鼻毛が空気に含まれる異物をキャッチし、ろ過した状態で空気を肺に送るからです。

一方、口呼吸の場合はどうでしょう? 口呼吸では外から吸い込んだ空気がダイレクトに体内に流れ込みます。そのため、ウイルスや異物などが混ざった状態で喉の粘膜に触れてしまいます。

2.美容効果

なんと、鼻呼吸によって容姿まで変わってくるというのだから驚きです!鼻呼吸は、口を閉じて鼻から息を吸うため、口の周りの筋肉が鍛えられます。一方、口呼吸の人は常に口を半開きにした状態であるため、顎の肉が垂れ下がったり、表情がだらしなくなったりするそうです。

口呼吸をし続けていると、ビジュアル的にも清潔感がなくなってしまうんです!

3.虫歯・歯周病予防

さらに、鼻呼吸によって虫歯予防にもつながるとされています。口呼吸の人は、口の中が乾燥しやすく、唾液が口の隅々までいきわたらなくなります。

f:id:tebukuronosenkusha:20170329174429j:plain

そうなると、口の雑菌が繁殖しやすくなり、結果的に虫歯や歯周病になってしまうそうです。雑菌が繁殖しやすいため、口臭が臭いというのも口呼吸の人の特徴です。

・・・このように、鼻呼吸をすることは、健康に生活していく上では大切な事なのです。逆に、口呼吸は百害あって一利なし、です。

鼻呼吸の苦しくないやり方

しかし、実際に口呼吸の人が鼻呼吸に変えようとしても、なかなか難しいみたいです。ここでは、比較的実践しやすい鼻呼吸の方法について具体的に見ていきましょう。

●鼻呼吸の手順

鼻呼吸は、口を閉じ、鼻から息を吸って鼻から息を出す呼吸法です。口呼吸の人は意識的に口を閉じるのがポイントです。やっていくうちに徐々に鼻呼吸に慣れていくことでしょう。(どうしても苦しいときは、口で呼吸しても大丈夫です。 何回も鼻呼吸をしていくうちに、それが当たり前になってくるはずです)

慣れないうちは、

・口だけをマスクをかける

・口に医療用のテープを貼る

といった感じで、強制的に口を閉じるような状態をつくって鼻呼吸できるようにしましょう。(夜寝るときに口にテープを貼るのはかなりおすすめです)

また、口呼吸の人はガムをもぐもぐと噛んで、口の周りの筋肉を強化するといいでしょう。 筋肉がついていけば次第に自分の意志で口を閉じて生活できるようになるはずです。

※注意

ただ、鼻がつまっていたり、うまく鼻で呼吸できない人は、内科を受診して鼻の調子を良くすることが先決です。口を閉じて、なおかつ鼻がつまった状態では、呼吸ができずに危険ですからね。 

まとめ

いかがでしたか?

今回は鼻呼吸やり方や、メリットに関してまとめてみました。口呼吸に慣れている人がいきなり鼻呼吸へシフトチェンジするのって、なかなか難しいかもしれませんが、頑張って鼻呼吸にした方が将来的に絶対にいいですよ!!

さて、今回の記事を読んで「俺は口呼吸が慣れているから、別にいいや!」・・・な~んて思ってしまった人もいるかもしれませんが、実は口呼吸の人は、食事の時に周りの人に迷惑をかけているってご存知でしたか? 詳しくは、食事の時に音を立てる迷惑な「クチャラー」に関する記事をチェックしてみてください♪

では、最後までお読みいただきありがとうございました。