ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

ぎっくり首の正しい治し方 完治までの期間を最短にする方法

f:id:tebukuronosenkusha:20170301175606j:plain

みなさんは、「ぎっくり首」という言葉を聞いたことがありますか?

腰を痛めて、動けなくなる「ぎっくり腰」は有名ですが、「ぎっくり首」というのはその名の通り、首を痛めたことによりうまく首を動かせない状況のことを指します。

ぎっくり首になると、首に激痛が走り、うまく動かせなくなってしまい、日常生活に支障が出ると言います。

どうやら最近、このような症状に悩まされる方が増えているそうです。

この「ぎっくり首」とはどのようなものなのでしょうか?また、もしぎっくり首になってしまったらどのように対処すればいいのでしょうか?

今回は、ぎっくり首の正しい治し方、対処法についてまとめていきます。

ぎっくり首の症状

ぎっくり首の詳しい症状は人により違いますが、「頭を動かすと首が痛くなる」が特徴だとされています。

振り向いたときに突然首が痛くなった、ある朝起きたら首に激痛が走った、といったものは典型的なぎっくり首の症状です。

また、首の凝りが原因で頭痛やめまいなどを感じる人もいるそうです。

では、そんなぎっくり首になってしまうのにはどのような原因が考えられるでしょうか?

ぎっくり首の原因とは?

f:id:tebukuronosenkusha:20170301191220j:plain

ぎっくり首の原因として、以下のようなものが挙げられます。

・首や肩の筋肉の緊張

・姿勢の悪さ

・強い衝撃

普段から肩が凝っている人は、ひょんなことからぎっくり首になることがあります。

また、デスクワークやスマートフォンの操作などで、長時間首に負担をかける姿勢でいることも、首に疲労がたまりやすく、良くありません。

ぎっくり首の正しい対処

ぎっくり首を治すのに一番重要なのが”安静にしていること”です。

ぎっくり首は、筋肉の炎症によるものなので、無理に動かしたり、揉んだり、マッサージをしたりすると、かえって逆効果になります。

痛みが引くまでなるべく首を動かさず、安静に過ごしておくことが大切です。もちろん、その間はパソコンやスマホ操作、読書などは控えるべきでしょう。

完治までの期間は?

さて、そんなぎっくり首ですが、正しい対処法で安静にしていれば1~2日で痛みが引いて首を動かせるようになるそうです。

痛みを我慢して首に負荷をかけるのは、痛みを長引かせるもととなります。ぎっくり首になってしまったら、 横になり安静にしておくと痛みもすぐに引いていくことでしょう。

きちんと休むべき時に休むことが、ぎっくり首を最も早く治すための近道なのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は最近になって増えてきているぎっくり首と、正しい対処法について解説しました。特に、毎日デスクワークで肩が凝っているサラリーマンの方や、長時間同じ姿勢を強いられる仕事をされている方は注意が必要でしょう。

もし仮にぎっくり首になってしまったら、今回紹介したように、「安静に、なるべく首に負担をかけないように」生活をして治しましょう。

では、最後まで読んでいただきありがとうございました。