ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

コーヒーフレッシュは危険? 〇〇という成分がヤバすぎる!!

f:id:tebukuronosenkusha:20170416074738j:plain

今では、ファミリーレストラン、ファストフードやコンビニエンスストアでも淹れたてのコーヒーが飲めるようになりました。その際に、小さな容器に入ったポーションタイプのミルクを使う人も多いと思います。これは和製英語で一般的にコーヒーフレッシュと呼ばれるものです。

手軽なのでテイクアウトにも多く用いられますが、みなさんはこのコーヒーフレッシュがどのように作られているか知っていますか。実は普段使っているコーヒーフレッシュには思わぬ「危険性」が潜んでいるとか・・・!!

というわけで、今回はコーヒーフレッシュの成分や危険性に関する情報をまとめていきます。

実はミルクじゃなかった!?

日常では「コーヒーミルク」として親しまれているコーヒーフレッシュですが、実は「ミルク」でイメージする牛乳・生クリームなどを一切使わずに作られています。意外に思う方も多いと思いますが、もしミルクを原料に作られていたら、常温で長時間保管できません。(仮にそうであったら、ファミリーレストランなどのドリンクバーコーナーに大量に置いておくことはできませんからね)

f:id:tebukuronosenkusha:20170416081338j:plain

では、そんなコーヒーフレッシュはどのように作られているのでしょうか。

コーヒーフレッシュの製造過程

コーヒーフレッシュはまず植物油を混ぜます。このとき、油と水だけでは混ざり合わないので、乳化剤(界面活性剤)という添加物を使用します。こうすることで、油と水は簡単に混ざり、白っぽく乳化します。さらに増粘多糖類を加えミルクのトロッとしたテクスチャーを出します。

最後にカラメル色素でミルクに近い色づけをし、長く保存できるようpH調整剤を加えて出来上がりです。・・・ここからわかるように、ミルクと呼ばれるものは一切含まれていないのがわかります。その一方で、添加物ばかりが目につきますね。

コーヒーフレッシュの成分

では、コーヒーフレッシュを構成している成分を詳しく見てみましょう。

①植物性油脂…サラダ油やパーム油がよく使われます。

②乳化剤…油と水を混ぜ合わせることができ、分離も防ぐ添加物。

③増粘多糖類…とろみをつけるために使われ、多糖物質を組み合わせた添加物。

④カラメル色素…着色料。砂糖を焦がしたものが原料で、よりミルクに近い色を表現するために使います。

⑤香料…ミルクの香りづけをするために使われる添加物。

⑥pH調整剤…食品の劣化を遅らせ、長持ちさせるための添加物。

・・・このような成分表示を見ると添加物の多さや、油脂が主な材料になっていることに驚きますね。さらに驚くのは成分表示の基準です。植物油脂のほかに、使われている10種類以上の添加物を使用していても、同じ目的の添加物は一括表示でよいとされています。

ですので、実際にどれだけの添加物を使っているのか消費者にはわからないのです。

◆なぜ偽物のミルクが使われるのか?

ここまで読んで,「なんで本物のミルクは使われないの?」と疑問に思った方もいることでしょう。確かに、わざわざ添加物まみれの「偽物」のミルクよりも、ちゃんとしたミルクを用いた方が風味も出るでしょうし、安全です。

・・・ただ、忘れちゃいけないのが「コスト(費用)」の問題です。コーヒーフレッシュは主に植物性油脂でできているため、牛乳や生クリームなどより安く作れます。(コーヒーフレッシュが開発されたころは、ミルクが高級品だったため、一般人でも使えるように考えられたことが始まりだと言われています)

また、保存もきくので、非常にコスパが良い製品なんです!・・・そう、ドリンクバーコーナーのコーヒーフレッシュが使い放題なのは、安価だからこそなんです。

コーヒーフレッシュは危険?

コーヒーフレッシュの成分はメインの植物性油脂に、多数の添加物です。体にはどんな影響があるのでしょうか?

<心配される体への影響>

①植物性油脂

植物性食品なので、あまり健康を害するイメージはありません。しかし、植物性油脂にも「コレステロール値上昇」「高カロリー」といった心配があります。・・・それ以上に問題になるのは”トランス脂肪酸”が含まれている点です。トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに含まれていることで有名な成分です。

f:id:tebukuronosenkusha:20170411103719j:plain

これは、体内の悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールは減少させてしまう働きがあります。さらに、肥満、冠動脈性心疾患(動脈硬化・心臓疾患)、アレルギー、認知機能低下、うつ病、不妊、生活習慣病(糖尿病・がん・高血圧など)、慢性疲労などの影響が出るといわれています。

そのため、トランス脂肪酸の使用は欧米諸国では禁止されている国も多くあります。(一応、日本でも「トランス脂肪酸の摂取量は、総エネルギー摂取量の1%未満」にするよう推奨されていますが、規制はされていないのが現状です)

他にも、コーヒーフレッシュに含まれるリノール酸を摂取することは、ガンや脳梗塞のリスクがあり、有毒物質(ヒドロキシノネナール)は細胞や脳を破壊する危険性があるとも言われています。

②乳化剤

コーヒーフレッシュに含まれる乳化剤にはショ糖脂肪酸エステル、グリセリン脂肪酸エステル、ルビタン脂肪酸エステル、ステアロイル乳酸カルシウム、卵黄レシチン、植物レシチンなどがあります。

・・・この中でも特に多く使われているのはショ糖脂肪酸エステルという添加物です。幅広い食品に使用されていて、アイスクリームやマーガリンなどの乳製品には特によく使われています。このショ糖脂肪酸エステルの問題点は多量に摂取すると下痢になるだけでなく、肝臓への影響や、発がん性のリスクが危険視されています。

さらに妊婦の方は注意が必要で、胎児の染色体異常や催奇性の可能性があるといわれています。そのため妊娠中のショ糖脂肪酸エステル摂取は避けるべきといえます。

③増粘多糖類

まず増粘多糖類やゲル化剤とは、多糖類物質を2つ以上混ぜた添加物の簡略名で、実際に何が使われているのか表記されません。長期間保存できる食品に多く使われています。

添加物の増粘多糖類ですが、実は天然由来の成分も多くあります。天然成分と聞くと安全と思いがちですが、天然生物から作られたカラギナン、トラガントガム、ファーセレランには発がん性やアレルギーを起こすリスクが指摘されています。

④pH調整剤

pH調整剤という添加物は、食品のpHを弱酸性に調整することで、腐敗を遅らせて食品を長持ちさせるために使われています。pH調整剤には、重合リン酸塩、フマル酸、クエン酸などの成分があります。しかしパッケージに表記される成分はpH調整剤なので、実際にどのpH調整剤が使われているかはわかりません。

問題点としてpH調整剤の摂取量が多くなると、腸内の善玉菌を少なくしてしまい、腸内環境の悪化、さらには体全体の免疫力の低下を引き起こしてしまうのです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170301121236j:plain

特に重合リン酸塩は、カルシウムの吸収を阻害してしまうので、カルシウム不足を招いたり、そのほかのミネラルの吸収も妨げてしまうといわれています。

⑤カラメル色素(着色料)

カラメル色素はでんぷんや液体の糖にアンモニウム化合物や亜硫酸化合物を混ぜたものです。原料の混ぜた分量の違いによって4種類に分けられます。4種類のカラメル色素のうち3と4が、コーヒーフレッシュに頻繁に使われていますが、この2種類はアンモニウム化合物や亜硫酸化合物の配合量が多い2つです。・・・カラメル色素1は砂糖を焦がして作る純粋なカラメルで安全性が高いです。しかし、カラメル色素2は危険性が高く、日本での使用は禁止されています。

コーヒーフレッシュに使われているカラメル色素3・4には、染色体異常の可能性、DNAの損傷、リンパ球の減少、免疫機能抑制などを引き起こす可能性があるのです。日本では表示の義務はカラメル色素という表示のみなので、これまた4種類のどれが使用されているかわかりません。

安全に使うには…

トランス脂肪酸の体への影響を踏まえて農林水産省が示した日本人の摂取目安は1日2g以下です。コーヒーフレッシュ1個当たりに含まれるトランス脂肪酸の平均的な量は約0.04gです。だから、一日に数回コーヒーなどに入れて飲んでもすぐに基準値になっしてしまうわけではありません。

注意すべき点として以下のようなポイントが挙げられます。

①コーヒーフレッシュばかりをたくさん使い過ぎないこと。

②トランス脂肪酸0という製品を選んで使うこと。

「コーヒーフレッシュを全く使用しない」のではなく、上手に使うことで健康被害を防ぐことができます。

まとめ

一見本物のミルクに見えるコーヒーフレッシュですが、作り方を知ってしまうと今までと見え方ががらりと変わってしまいます。実はミルクが入っていなかったなんてビックリですね。添加物が多いけれど、便利なコーヒーフレッシュ・・・コーヒーを楽しむための1つの方法として考えつつも、使いすぎないように気をつけたいですね(^^♪

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。