ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

ベビーオイルを髪の毛に!? おすすめの使い方を紹介!

f:id:tebukuronosenkusha:20170805170631j:plain

こんにちは。

最近、女性たちの間では「ベビーオイル」を使用したヘアスタイルが注目を集めているそうです。ベビーオイルというのは、お肌の弱い赤ちゃんの保湿のためのオイルなのですが、それを使ったオシャレがトレンドとなっているようです。

そこで今回は、ベビーオイルを利用した美容法や、おすすめの使い方に関する情報をまとめていきます。 では、早速見ていきましょう!!

ベビーオイルでウェットヘアに?

ベビーオイルを髪の毛に使うことで、普通の髪の毛を簡単に「ウェットヘア」に変えることが可能なんです! ウェットヘアというのは、サラサラしているような髪とは違って、ちょっと湿っぽい感じでツヤのあるヘアスタイルです。

f:id:tebukuronosenkusha:20170805194911j:plain

ベビーオイルは比較的簡単に手に入れることができ、値段もそこまで高くないのに、使うだけでイメージをガラリと変えることができる優れものです。タレントや女優さんなどがそういったウェットヘアにしている様子をSNSなどにアップしており、女子中高生の間でも人気となっているようです。

ウェットヘアってちょっとセクシーで大人っぽい感じがしますよね? 

「ちょっと大人な感じを出したい!」

「手軽にオシャレをしたい!」

・・・って人にはピッタリだと思います♪

では、そんなベビーオイルは普段の生活ではどのようにして使っていけばいいのでしょうか? 次に、「ベビーオイルのおすすめの使い方」に関しても見ていきましょう!

おすすめの使い方

 実は、ベビーオイルでウェットヘアをスタイリングするのはとっても簡単なんです! 基本的には。外出前に以下の3ステップ踏むだけでOKです。

1.髪型を整える

2.手のひらにオイルを少量とる

3.もみながら髪になじませる

・・・髪全体をウェットな感じにしたいのであれば、紹介した手順を繰り返し、お好きな髪型にセットしてください。もちろん、一部をウェットな感じにするのも味が出ていいでしょう。(ちなみに、ウェットヘアで「髪の分け目」を強調したい場合は、ベビーオイルをつけてクシでとかしてあげると綺麗に仕上がりますよ♪)

そして、ベビーオイルはシャンプーでしっかり洗えば簡単に落とすことができます。1回のシャンプーで落としきれない場合もあるので、その場合はベタつきがなくなるまで2~3回洗い流す必要があります。「簡単につけて、お風呂で簡単に流すだけ!」のベビーオイル、これを使わない手はありませんね!!

使うときの注意!!

f:id:tebukuronosenkusha:20170805191842j:plain

実は、ベビーオイルを髪の毛に使う際には、注意したいことがいくつかあるんです。きちんと注意点を守らないと、むしろ逆効果になってしまうことだってあるんです!

1.つけすぎは厳禁!

手軽に髪になじませることができるベビーオイルですが、つけすぎは厳禁です。異様にべたついた髪はむしろ不衛生な感じがするかもしれませんよ。 あくまで「なじませる」程度に使用するのが良いでしょう。髪に触れたときに、手にベットリとオイルがついてしまうようでは、「ちょっとつけすぎ」かもしれませんね。

2.髪へのダメージも…

そもそも、ベビーオイルはスタイリングのために開発された商品ではなく、あくまで「保湿用」のオイルです。したがって、シャンプーでなかなか落ちないこともあります。ベビーオイルを使うことで「髪の一部の成分が落ちてしまう」ことや、「オイルを落とす際に何回もシャンプーをすることによって、髪にダメージを与えてしまう」ことが考えられます。

f:id:tebukuronosenkusha:20170805200216j:plain

実際、ベビーオイルを使いまくっていたせいで髪質がゴワゴワになってしまったり、見た目が悪くなってしまったり・・・なんてこともあるそうです。ですから、ベビーオイルはできることならば毎日の使用はさけるようにした方がいいでしょう。

まとめ

さて、今回はベビーオイルを髪の毛に使って、ウェットヘアで大人な感じを出す方法に関してまとめてみました。ちょっとボサボサになってしまった感じの髪でも、ベビーオイルをしみこませるだけで、短時間でオシャレな感じが出せます

ぜひ、今回の記事を参考にしてみてくださいね♪

最近では、「ベビーパウダー」も女性たちにはスキンケアのアイテムとして人気となっているようです。ぜひ、チェックしてみてください♪

 ●おすすめ記事

www.ngood23.com

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。