ヲタクは平穏に暮らしたい

健康的で平穏な暮らしのヒントをお届けします。

アルギニンを含む食べ物・食品ランキング!!

f:id:tebukuronosenkusha:20170419170101j:plain

アルギニンと呼ばれる栄養成分をご存知ですか? 成長期の子どもには欠かせないとも言われている成分のひとつでもあります。・・・今回はそんなアルギニンについてと、それを効率よく摂取して頂くために、アルギニンを多く含む食べ物もご紹介させて頂きます。

 アルギニンとは?

アルギニンは、子どもが成長する上で欠かせない栄養素のひとつで、たんぱく質を構成するアミノ酸の一種でもあります。成長ホルモンの分泌を促してくれたり、免疫力の向上やアンモニアの解毒効果などがあります。体内でも生成できる栄養成分でもあるのですが、子どもの場合は必要量を生成することが難しいので、毎日の食事で補うことが大切です。

アルギニンを含む食べ物

アルギニンは魚介類や肉類、大豆などにたくさん含まれています。

そのため、普段から食事に気を遣ってさえいれば、摂取不足に陥ることはまずあり得ないでしょう。ただし、まとめて摂取することがなかなか難しいとも言われていますので、アルギニンを多く含む食材を知っているのと知らないのとでは、大きな違いがあるかもしれませんね。・・・それでは、早速アルギニンを多く含む食べ物を、ランキング形式でご紹介させて頂きます。

第1位 豚ゼラチン(7900mg/100g)

第2位 干し湯葉(4400mg/100g)

第3位 かつお節(4300mg/100g)

第4位 高野豆腐(4100mg/100g)

第5位 落花生(3200mg/100g)

第6位 ごま(2700mg/100g)

第7位 大豆(2700mg/100g)

第8位 くるみ(2200mg/100g)

第9位 アーモンド(2100mg/100g)

第10位 車エビ(2000mg/100g)

 ・・・いかがですか? 上記ランキングの中で干し湯葉や高野豆腐などは確かに含有量も多いのですが、実際には乾燥している状態での100gとなるため、水で戻すと量が増えるので、なかなか100gを摂取するのは難しいですよね。

f:id:tebukuronosenkusha:20170607054145j:plain

また、落花生やくるみ、アーモンドなどのナッツ類にもアルギニンはたくさん含まれてはいるのですが、ナッツ類には脂肪もたくさん含まれているため、たくさん摂取するにはあまりオススメはできません

・・・となれば、いったい何を食べれば良いの?と思いますよね。日々の食事で効率よく摂取するためには、下記の3種類の食品を上手く取り入れるように心がけてみましょう。

  • 魚介類
  • 肉類
  • 大豆製品

 この3点のうち、魚介類は特にオススメですね。海老にはお肉のおよそ1.6倍ほどのアルギニンが含まれていますし、マグロにはアルギニンの吸収力をアップさせるビタミン類が含まれているのです。魚介類は生のままでも焼いて食べても、どちらでも大丈夫です。実はアルギニンは加熱しても失われにくい栄養成分でもあるんですね。

ただ、魚介類は何かと子どもたちには不評だったりしますよね。その点、肉類なら比較的子ども達にも人気があるので、食べさせやすい食材とも言えるでしょう。しかし、肉類にも難点はあります。肉類は食べさせやすい食材ではありますが、高カロリーな食材でもあるため、肥満の原因にもなりかねません

そのため毎日の食事作りには、魚介類や肉類、そして大豆製品を意識しながら作ってみると良いですね。魚介類や肉類を調理する際に、ゴマやナッツ類を意識して使ってみるのもひとつの手段ですよね。

・・・さて、そんなアルギニンですが、一日にどれくらいの量を摂取するのがベストなんでしょうか?

【アルギニンの過剰摂取】

アルギニンは、身体の成長や筋肉の増強、そして病気に対する免疫力を高めるためには必要な栄養素ではありますが、もちろん摂取し過ぎるのもあまり良くありません。過剰に摂取してしまった場合は下痢を引き起こしてしまったり、子どもの場合は巨人症(年齢の標準よりも身長が高すぎること)になったりすることもあります

また、逆にアルギニンが不足してしまうと、子どもの成長は阻害されたり、動脈硬化などの生活習慣病になる可能性も出てきます。ちなみに1日に摂取する目安量としては、2000~4000mgと言われています。あまり気にしすぎる必要もないと思いますが、あくまでご参考に。

まとめ

いかがでしたか?アルギニンを毎日効率よく摂取するためには、日々の食生活が重要なんですね。子どもの身長を伸ばしたいなら、ぜひアルギニンをたくさん含む食材を意識して毎日の献立に取り入れてみて下さい。身長を伸ばすだけでなく同時に免疫力もアップしますので、強い身体を作り上げる元にもなりますよね。

f:id:tebukuronosenkusha:20170228163252j:plain

また、効率よくアルギニンを体内に摂取するためには、クエン酸やビタミンB6を同時に摂取する必要があります。そのため、クエン酸が含まれている柑橘類や酢の物などを一緒に食卓に添えてみたり、ビタミンB6を含んでいるカツオやマグロを意識して食べるようにすると良いかもしれませんね。アルギニンは成長期の子どもだけでなく、生活習慣病予防や免疫力アップ、そして美肌を目指す人にもオススメの栄養成分でもあります。

ぜひみなさんも、「アルギニン」を摂取するようにしてみて下さいね。

●おすすめ記事

www.ngood23.com

では、最後までお読みいただきありがとうございました。